車好きのステータス

off ヘアカラーはブリーチ、ヘアカラー、ヘアマニキュアの3種類があります。

キリン to ステータス  

髪の毛を染めようとした時、ヘアカラーの仕方は3種類あります。

ブリーチ、ヘアカラー、ヘアマニキュアの3つです。

どの方法も髪の毛の色を変える事ですが、その方法には違いがあります。

そして、メリットとデメリットがあります。

ブリーチ

ブリーチとは、漂白という意味です。

髪の毛の色素を抜いていき、髪色を明るくします。

デメリットは、髪の毛が傷みやすい点です。

雑巾を漂白する時、漂白剤が強いと雑巾がちぎれてしまいますよね。

それと一緒で、ブリーチすると髪の毛は傷みやすくなります。

しかし、ブリーチした髪の毛は永久的に明るい色のままというメリットもあります。

髪の毛の傷みが気になるならば、定期的にヘアトリートメントで髪の毛にツヤを与えてあげるといいでしょう。

ヘアカラー

ヘアカラーは、髪の毛の色素に色づけしていくやり方です。

色素を抜いてしまうわけではないので、ブリーチほど髪の毛が傷むわけではありません。

しかし、やはり色素をいじるのは髪の毛に刺激を与えてしまいます。

そのため、ヘアカラーでもトリートメントをして傷みをカバーしていくと良いでしょう。

ヘアカラーは色素に色づけしていきますが、色が落ちてしまえば髪色がもとに戻ります。

そのため、色の持ちは3ヶ月ほどです。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、もっとも髪の毛に優しい染め方です。

爪のマニキュアのように、髪の毛を上から色づけていきます。

色素を抜いたりなどの髪の毛をいじらないため、デメリットは色持ちが悪い点です。

髪の毛を傷ませたくないならばおすすめの方法ですが、何度も塗り替えないといけないというデメリットはあります。

色持ちは約一ヶ月です。

夏休みだけ染めたいという人にはぴったりな方法です。

まとめ

ブリーチは、髪色の持ち重視です。

めんどくさがり屋さんにはぴったりな染め方ですが、髪の毛が傷むのは覚悟しておきましょう。

どうしようもなく傷みを感じたら、髪の毛をカットしてショートヘアにすると考えるならばおすすめです。

ヘアマニキュアは、慎重派な人におすすめです。

手間はかかるけど、髪の毛に優しいです。

しかし、髪の毛が全く傷まないというわけではありません。

ヘアカラーは、ブリーチとヘアマニキュアの中間ぐらいです。

どんな方法で髪の毛を染めれば良いのか迷うならば、浦添で髪のカラーでやっておけば可もなく不可もなくです。

どの方法でも髪の毛が傷まないようにヘアトリートメントをしたり、髪の毛を優しく洗うなどの努力は必要です。

Comments are closed.