車好きのステータス

off 学校関係を当たると条件が合えば引き取りも

キリン to ステータス  

中学校、高校では音楽室のほか練習室には古いピアノは数台以上置かれていることも多く、吹奏楽や合唱部およびクラス合唱のパート練習に重宝されています。

これらは学校の予算ではなくほとんどが寄付によるものです。

また、小学校でも音楽室以外のプレイルームや会議室にもおかれています。

小学校の場合は6学年あるため、週2時間程度ある音楽の授業はすべてのクラスが音楽室を割り当てることはできません。

そのため、せめてピアノだけある特別教室で低学年を中心に授業をしている場合も少なくありません。

また、合唱コンクールに出場しているような学校ではパート練習のため、練習室にはピアノを必要としていると思います。

学校によって事情は異なるわけですが、新設された学校にはまだこのような中古ピアノはあまりないと思いますので、音楽の先生に連絡を取り必要かどうかお尋ねするのもよいと思います。

先ず、先生に家に来て実際に使えるかどうかピアノを見て、音を出して確認してもらうことが必要です。

調律師とまでいかなくても、音楽の先生ならある程度のことは判断できると思います。

そうすると次は費用の問題です。

いくつか考えられるのは、1.処分できるだけでもありがたいので持ち主が輸送費を負担する(この場合ですと学校側は無条件でOKとなるでしょう)2.学校と話し合い、双方で負担する(その割合は様々です。

)よく学校のお金、予算といいますが、公的なものはありません。

しかし、学校予算で賄えない場合については私的な財源としてPTA会費からの補助、と言うことが考えられます。

PTAは例えば、子どもたちが合唱コンクールにむけて頑張っているということになるとその活動の一部を支援するための支出などです。

この場合は「ピアノ寄付の謝礼」ということになります。

金額までははっきりとわかりませんがたとえ少額でも、不要なピアノが処分でき誰が使っているか分からないより、子どもたちが頑張っている姿を思い浮かべるのであれば持ち主の方も嬉しいことだと思います。ピアノ買取の業者のメリットなどほかの方法もありますので分からない方は色々調べてみるといいでしょう。

Comments are closed.